購入よりもお得?振袖レンタルのおすすめポイント

レンタルする上での注意点

振袖が高価な理由

振袖の生地は、主に「正絹」と「化繊」の2つあります。
「正絹」とは、シルクつまり絹のことです。
肌ざわりが良く、吸湿性も良いためポリエステルなどの化繊に比べるとかなり高価になります。
また見た目が美しいのも魅力のひとつでしょう。

最近では、ポリエステルなどの化繊でも非常に質の良いものが出てきているので、値段が安いからといって悪いというわけではありません。
気に入った振袖があれば購入をおすすめします。

インターネットのみで販売している店舗と、実際にお店をかまえている店舗とでは値段は変わってきます。
もちろん店舗をかまえているお店の方が高額なことが多いです。
また実際に目で見て、購入できるという点ではインターネットでない方が信頼度も高く安心できますね。

最近の振袖

最近販売される振袖は、有名ブランドやデザイナーが関わっているものもあります。
そういった振袖は、100万円を超えるものもあり非常に高額です。
生産数が少なかったり、デザイナーの人気度により品質以上の値が付いたりと、少しハードルが高いことが多いです。

柄にも流行がありますが、変わらずどの時代でも人気のものもあります。
桜やボタンなどは、パステルカラーにも合わせやすく、王道の人気柄となっていますね。
ほかにも、黒色に金模様で椿の花やヒガンバナをあしらったデザインは大人びていて素敵ですよね。
青色で白薔薇模様の振袖も、さわやかな印象を与えます。

鳥の羽や蝶をプリントされた振袖もあり、最近のデザインはオシャレなものになってきています。


TOPへ戻る